仕事


次の仕事探したほうがいいね!

1 スペル魔 ★ :2021/11/29(月) 17:37:10.15

 手取り14万円──。毎月の給与明細を見るたびに、関東地方で暮らす会社員の女性(20代)は嘆息する。

「夢も希望も持てないです」

 就活に失敗し、大学を卒業後は塾の講師やパン屋のアルバイトなどで生活費を稼いだ。当時の収入は手取りで25万円ほど。普通に暮らせたが、安定した仕事に就こうと2年前にインターネットで見つけたのが今の会社だった。社員20人程度の建築会社の事務職。給与が低いことはわかっていたが、賞与もあるというので決めた。

 雇用形態は「正社員」。だが、賞与は「スズメの涙」程度だった。年収は300万円いくかいかないか。

「バイトしていたときのほうがお金はありました」

■外食せず服も買わない

 一人暮らしの部屋の家賃は6万円。生活を切りつめても赤字だ。学生時代に借りていた奨学金の一部を貯金していたので、それを取り崩しながら暮らす。外食はせず、服も買わない。唯一の贅沢(ぜいたく)は月に1度、近くの銭湯に行くことだという。

「正社員なのに貧困って、おかしいですね」

 これまで「貧困」と言えば、非正規社員に多いとされていた。しかし、今や正社員にも貧困化が進んでいる。

 厚生労働省が毎年実施する「賃金構造基本統計調査」を元に、賃金に詳しい都留文科大学名誉教授の後藤道夫さんが、従業員10人以上の企業を対象に「最低賃金+α(プラスアルファ)」より下で働く正社員が2007年と20年でそれぞれ何%を占めるかを試算し、比較した。

 最低賃金の1.1倍未満で働く人の割合は07年の1.5%から20年は3.8%、同様に1.2倍未満は2.4%から6.9%に上昇した。1.3倍未満まで広げると4.1%から11.7%に増えた。

 また、中所得者層より上の収入の正社員も減っている。年収400万円以上の35~39歳の男性正社員の割合は、1997年の約8割から17年には6割にまで減ったという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdaba91c5969a337da8b16578aa65a187622a8a2

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638165607/


【【低賃金の正社員増加】「正社員なのに手取り14万円」”唯一の贅沢は月1度の銭湯”夢も希望もない…】の続きを読む


番組MCやってるからCMなんていらないのかな?

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/28(日) 18:38:31.35


11/28(日) 17:00
デイリー新潮

SMAP解散から5年 5人の仕事は今どうなっているか 中居正広だけがCMゼロの意外

 SMAPの解散から間もなく丸5年。元チーフマネージャー・飯島三智さん(64)と一緒にジャニーズ事務所を出た稲垣吾郎(47)、草彅剛(47)、香取慎吾(44)はNHK、CMには出演するが、民放にはほとんど出ない。1年半前に独立した中居正広(49)はMCとしては人気者であるものの、ドラマとCMがない。一方で同事務所に残った木村拓哉(49)は左うちわ。「格差」はなぜ生まれたのか。

 2016年12月31日にSMAPが解散してから、あと1カ月で丸5年。まずメンバーの現在の仕事を確認しておきたい。

■稲垣吾郎
※テレビ 教養バラエティー「不可避研究中」(NHK)
※ラジオ 「編集長 稲垣吾郎」(文化放送)「THE TRAD」(TOKYO FM)
※CM みずほ銀行「ナンバーズ」、同「LOTO7」、アプリプラットフォーム「Yappli」のサービス提供元「ヤプリ」

■草彅剛
※テレビ 大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)、「ブラタモリ」(同)ナレーション
※ラジオ 「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bay fm)
※CM みずほ銀行「ナンバーズ」、同「LOTO7」、1本満足バー、スカルプD メディカルミノキ5、エリエール アテント、CAMPFIRE、メルカリ、石綿(アスベスト)健康被害救済制度

■香取慎吾
※テレビ 12月30日放送の太平洋戦争開戦80年特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」(NHK)
※CM みずほ銀行「ナンバーズ」、同「LOTO7」、スカルプD メディカルミノキ5、サントリー天然水 スパークリングレモン、サントリー天然水 Clearレモン、ネットショップ作成サービス「BASE」、サントリー「金麦 ザ・ラガー」、レンズリスト

■中居正広
※テレビ 「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ)、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)、「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(同) 、「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日)
※ラジオ 「中居正広 ON & ON AIR」(ニッポン放送)

■木村拓哉
※テレビ 来年の元日放送「さんタク」(フジテレビ)
※ラジオ 「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)
※CM キューブ「MARK&LONA」、GYAO! 、リョーマゴルフ、セガ、日本マクドナルド、バルクオム「BULK HOMME」、リクルートジョ*「タウンワーク」、ルックスオティカジャパン、大正製薬「リポビタンD」

 随分と差がある。

「飯島さんがチーフマネージャーだったころは5人の仕事量に差が生まれないようにしていた」(SMAPの元所属レコード会社・ビクターエンタテインメント関係者)

 飯島さんの狙いは単純明快。SMAPに限らず、グループ内の仕事量の差は不協和音を生じさせがちだからだ。

 現在の仕事量の特徴は(1)稲垣、草彅、香取はほとんど民放に出られないものの、CMは豊富(2)中居はMC業が順調だが、ドラマもCMもない(3)ジャニーズ事務所に唯一残った木村は順風満帆――。

3人が民放に出られないのはやっぱり…

 順を追って考察したい。まず稲垣、草彅、香取が民放にほとんど出られない理由は、誰もが想像する通り、民放がジャニーズ事務所に忖度しているから。

 飯島さんが故・メリー喜多川名誉会長と反目し、袂を分かつ形で新事務所・CULENを旗揚げしたためである。

全文はソースでご覧ください

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ceecae2ae84306905fd788e5bb3b64143ceceb


【SMAP解散から5年、意外と中居正広だけがCMゼロという事実…】の続きを読む



1 スペル魔 ★ :2021/11/26(金) 13:50:47.43

 厚生労働省は、労使折半で負担し失業手当に充てる雇用保険の「失業等給付」について、現在0・2%の保険料率を0・6%程度に引き上げる方向で調整に入った。月給30万円のサラリーマンの場合、現在は月900円の保険料が1500円に負担が増える計算だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、休業手当の一部を助成する雇用調整助成金の支給額が急増し、財政が逼迫(ひっぱく)したための措置。来年4月からの引き上げを目指している。

 雇用保険は、保険料を労使で折半する「失業等給付」「育児休業給付」と、企業だけが負担する「雇用保険二事業」(雇用安定事業・能力開発事業)がある。「失業等給付」「育児休業給付」のうち、育休給付の料率は0・4%で変わらないが、失業等給付の料率が0・6%に引き上げられた場合、二つの保険料は計1%(労使折半)になる。雇用保険二事業についても現行の0・3%から、0・35%に引き上げる方向で調整している。

 雇用保険は、保険料収入を主な財源とし、雇用情勢が良い時の積立金も使って給付する仕組み。コロナ前は積立金に余裕があったため、現在の保険料率は歴史的な低水準になっている。

 労使代表者らでつくる厚労省の労働政策審議会では、引き上げに反対する声もあるため引き続き調整する。厚労省は、26日に閣議決定される補正予算で雇用保険に2兆2000億円を追加投入する一方で、料率引き上げに向けた議論を進めたい考えだ。また雇用情勢などが急激に悪化した場合と通常時とで、失業給付における国庫負担の投入額を変えることも検討する方針だ。【石田奈津子】

https://news.yahoo.co.jp/articles/f765f7d9a332291efd683b3267852f0c9e5f7a07


【【悲報】雇用保険料を3倍に引き上げか?→こんなん働いたら負けやん!やっぱり日本終わってた…】の続きを読む



1 七波羅探題 ★ :2021/11/26(金) 08:42:26.17

ITmedia2021年11月26日 07時00分 公開
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2111/26/news022.html

「働かないおじさん」が、再び注目されているらしい。“らしい”と伝聞系にしたのは、「働かないおじさん問題」「50代問題」「希望退職問題」などは決して目新しい話題ではなく、「この数年、ずっと言われちゃってますね」という問題だと認識しているからです。

その一方で、コロナ禍でリモート勤務が拡大したことや、ジョブ型が注目を集めていること、加えて、希望退職という名の肩たたきが「40代に迫っている!」という現実から、「働かないおじさんについてコメントが欲しい」だの、「50代はなんであんなにディスられてしまうのか」だの、「なんで、働かないおじさん化してしまうのでしょうか?」だのといった取材が、私の元に相次いでいます。

良きにつけ悪しきにつけ、社内のあちらこちらが“おじさん”だらけで、目に付く存在なのでしょう。成人人口の10人中5.7人が「50歳以上」ですから、仕方ないことではありますが。

それと同時に、一向に上がらない賃金にあえぐ若手からすれば、「大したこともやってないように“見える”」のに、自分より給料が高いことに腹が立つ。さらに、今年4月から「70歳までの雇用」が努力義務になったことで、企業も中高年の扱いに悩み、つい、本当につい、「働かないおじさん」という50代社員の代名詞と化した切ない言葉を使って、鬱憤(うっぷん)をはらしているのかもしれません。彼らには、ベテラン社員は「モチベーションが低く“見えて”しまう」のです。

実際には、50歳をすぎたからといって、突然、「働かないおじさん」になるわけではありません。50歳以上だけが会社にしがみついてるわけでもなければ、50代が40代より仕事ができないわけでもないはずです。ましてや、50代=PCが使えない、 ITに疎い、とも限りません。

なのに“50代社員”とラベリングされた途端、「コストがかさむ」と揶揄(やゆ)され、「50代より、若手」「そうそう、使えるのはZ世代!」だのと、あたかも年齢が能力を左右するがごとき言説が主張され、50代が厄介者扱いされている。

これって「年齢差別」だと思うわけです。念のため断っておきますが、私は「働かない会社員」を擁護するつもりは1ミリもありません。しかし、年を取るほど、若い社員よりも能力が低く、新しいことへの適応力が劣り、仕事に取り組む意欲が乏しくなる、と思われていることが残念で仕方がないのです。だって、若いからといって仕事ができるわけでも、創造力が高いわけでもないのですから。

これぞ「無意識バイアス」。そう、無意識バイアスによる年齢差別です。繰り返しますが、確かにそういう“困ったおじさん”もいます。が、全ての50代がそういうわけじゃない。

女性差別、男性差別などのジェンダーバイアスや性差別と同様に、年齢への無意識バイアスがはびこっているだけです。しかも、厄介なのは、無意識バイアスが作り出す世間の「まなざし」により、本人自身が「私は会社に不利益をもたらすかもしれない」と気後れする心の動きが存在する。

自分の能力を低めに評価したり、意見するのを恐れたり、「若い人の意見には口出さない方がいい」「自分たちの時代とは違うからね」などの言葉で、自らを「非戦力化」したりしてしまうのです。

フランスの哲学者、ジャン=ポール・サルトルは、社会におけるまなざしを「regard」と名付け、「人間は気付いたときにはすでに、常に状況に拘束されている。他者のまなざしは、 私を対自から即自存在に変じさせる。地獄とは他人である」と説きました。

他人の「まなざし」は想像以上に私たちをおとしめます。

「働かないおじさん」と冷やかされるベテラン社員の中には、本来であれば「もっと活躍できる人」もいるのに、50代をお荷物扱いする世間の「まなざし」により、正真正銘の「働かないおじさん」が量産されている可能性が極めて高い、と私は考えているのです。

実際、先日人事コンサルティングのフォー・ノーツ(東京都港区)が公表した「50代社員に関する意識調査」でもその傾向が認められています。

「あなたの職場にいる身近な50代の社員は、今後新たなスキルや知識を身につけたり、未経験の仕事に取り組むことができると思いますか」との問いに、50代が遠慮がちに答えていることを伺わせる結果が出ていました。

20代の53%が「若い社員と同様にできる」と答えたのに対し、50代では38%と15ポイント低くなっていました。一方、50代の49%が「若い社員には劣るができる」と答え、20代の30%と比べ、19ポイントほど高い結果でした。
(以下リンク先で)


【【企業】50代は本当にお荷物か? “働かないおじさん”問題に悩む企業の勘違い】の続きを読む


そこまで周りの目を気にすることなのか?

1 デビルゾア ★ :2021/11/24(水) 06:17:24.85

新型コロナは多くの失業者を出すなど、“貧困パンデミック”とでも言うべき状況が生まれている。だが、社会から生活困窮者に向けられる視線は冷ややかだ。

(中略)

<徹底討論>生活保護は恥なのか、貧困は自己責任なのか?
――コロナ禍も1年半以上が過ぎました。寄せられる相談の内容に変化はありましたか。

坂本:そうですね。当初は将来起きるかもしれない生活不安の相談が多かったですが、昨年末あたりから、一時支援金や生活福祉資金の特例貸付を使い切って、生活が立ち行かなくなった人からの問い合わせが特に顕著です。相談件数も1か月100件近くと、例年に比べて倍近くになっていますね。

吉川:騒がれないですが、コロナ貧困は水面下で深刻化しています。どの年代の相談が目立ちますか?

坂本:20~50代が全体の9割近くを占めています。若くて働けるからといって、働き盛り世代の支援環境は十分に整っているとは言えません。最近増えたなと実感しているのが、精神障害や発達障害に代表される、軽度な症状で自覚のない“隠れた障害者”からの相談です。これは障害のあるなしに関係なく、頑張っても社会に溶け込めず憔悴し、生活もひっ迫。生きる希望が見いだせない。そんな悲壮な思いが数多く寄せられています。

吉川:(中略) 先日、派遣社員で働く女性から相談を受けたんですが、職場もコロコロ替わって、うつ病で入院の経験もある。「働くことがしんどい」ということだったので生活保護の言葉を出した途端、「まだ働きたいし頑張れるはず。自分を律する方法を教えてください」の一点張りでした。

坂本:それはもう、しんどいのレベルちゃう。僕の事務所にも全国から相談が来ますけど、地方になるほど、「役所で親戚が働いているから知られるくらいなら*だほうがマシ」「バレたら村八分にされる」と、生活保護は恥という偏見が強い。根深すぎます。


生活保護とコロナ給付金、何がちゃうの?って思います

吉川:私の両親もまさにそう。アルコール依存症の父親は退職と転職を繰り返し、精神的に追い詰められた母親は、中学生の私に「死にたい」と泣いて訴える。家はゴミ屋敷で、部屋中に虫が湧く劣悪な住環境。生活保護の受給要件は満たしているのに、受給がバレたら恥ずかしくて近所付き合いできなくなるやろとなる。そもそも生活保護を受給するような家庭じゃないとさえ思っていたくらいです。

坂本:傍から見たら「生活保護を受けずに月5万円で生活しています」は美談なのかもしれません。ですが、言葉は悪いですが、僕からしたらアホちゃうかと。だったら生活保護を受けて、そのお金を地域社会に還元しながら社会復帰を目指したほうがどれだけ社会のためかと。それに、生活保護は恥って……。例えば、コロナ禍で給付された営業時間短縮協力金。生活に困窮する飲食店オーナーを定期的に支援するという点では、生活保護と何がちゃうの?って。でも実際は、給付金はもらわないと損で、生活保護は恥となる。同じ制度なんだから活用すればええやん。それが正常な社会の証しです。


貧困は個人の努力で解決できるものではない

吉川:私の両親は中卒と高卒で、家族の会話で「大学」が話題になったことがありません。貧すれば鈍するではないですが、私も高校卒業後は就職するのが“普通”だと疑わなかった。高校の先生のすすめもあり、大学を卒業しましたが、奨学金を満額借りたので、社会人生活を始める時点で借金は400万円。貧困か中流以上か、家庭環境が違うだけで、文化的、知的資本など、さまざまな“格差”が生まれる。貧困は連鎖しやすく、抜け出すのも厳しいので、個人の努力で解決できる問題と切り捨てるべきではありません。

(中略)

吉川:「貧困は自己責任」は、メディアでの洗脳も無視できません。

さまざまな問題を内包する貧困を一側面で切る愚

坂本:生活保護一つ取っても、受給して社会復帰した例はほとんど報道されない。一方の不正受給者は、生活保護費全体の0.4%程度なのに、その真偽も問わず、徹底的に悪者扱い。学校でも社会福祉の中身に関してロクに教えないし、一部の国会議員は正しい知識を持ち合わせていない。結局、生活保護との接点はメディアになる。なのに、偏った報道を行えば、「生活保護=悪」となるのは当然です。

吉川:幸せの在り方は人それぞれなのに、「年収90万円で東京ハッピーライフ」みたいな、貧乏でも幸せを謳う極端な例がさも最適解のように誘導。それより少しでも良い環境で“貧困”と叫ぶと、甘えや努力不足と非難されてしまう。


(続きはこちら)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1e03974c97cafdbcc3f77da8ef7ecbea4a5ff9a


【日本同調圧力「生活保護は恥、貧困は自己責任」偏見が強すぎていつまでも救われない生活困窮者たち…】の続きを読む

このページのトップヘ