恋愛・夫婦のあれこれ


20代の働く意欲がないのが問題やー

1 ボラえもん ★ :2022/01/08(土) 20:00:56.82

「女性の活躍に関する意識調査2020」(2020年10月27日公表)

年が明け、4月になれば入園や入学を控えているお子さんも多いでしょう。「子どもが入園したら働き始めようかな?」と考えている女性も多いのではないでしょうか。

いまは共働きが主流となり、育児中でも女性が働くのは普通になりました。
一方で、「専業主婦になりたい」と考えている女性がいるのもまた事実です。

専業主婦について語られるとき、しばしば取り上げられるのが男性側の年収です。
国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者数5245万人の平均年収は433万。年収400万円台の方がいわゆる「ふつう」なのですね。

日本の平均年収400万円台で専業主婦にはなれるでしょうか。専業主婦になりたい女性の本音も見ながら考えていきます。

20代の働く女性、約4割が「本当は専業主婦になりたい」
ソニー生命が全国の20歳~69歳の女性1000名に行った「女性の活躍に関する意識調査2020」(2020年10月27日公表)によると、
有職女性594名のうち「本当は専業主婦になりたいと思う女性は29.8%でした。

本当は専業主婦になりたい有職女性
全体29.8%

 ・20代:41.7%
 ・30代:26.6%
 ・40代:29.4%
 ・50代:27.0%
 ・60代:17.4%
※ソニー生命調べ

総務省統計局の「労働力調査(詳細集計)」によると、2020年は共働き世帯が1240万世帯、専業主婦世帯が571万世帯です。

いまは共働き世帯が主流のはず、ですが、「ほんとうは専業主婦になりたい」と感じている働く女性は20代が最も多く4割を占めます。

20代といえば、0~6歳の乳幼児を育てている女性も多いでしょう。乳幼児の育児はお世話をするのが最も大変な時期。
一日中危険がないか目を離せなかったり、夜間に授乳や夜泣きの対応などで何度も起きて寝不足だったりと、気力も体力も神経も使います。

はじめての育児に慣れず、家事も思うようにできない時期のため、仕事までは体力が持たないという女性も多いでしょう。

30~50代では20%台で推移しています。専業主婦になりたい人が最も少ないのは60代という結果になりました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/00632e12416141bd7ad02b9444b4cd5a731a4f4e


【【驚愕】20代の女性ワーカー約4割が「本当は専業主婦になりたい」と判明】の続きを読む


親の影響でしかないでしょ!

1 ぐれ ★ :2021/12/05(日) 10:17:26.47

※2021.12.04

「帰ったらごはんがある幸せ」を喜ぶ女性たちの声

Twitterで「帰ったらごはんがある」と検索してみると、「彼氏がご飯をつくって待っててくれた! 帰ったらごはんがある幸せ」とか、「今日は夫が夕飯担当。帰ったらごはんがあるってほっこりする」など、男性パートナーが食事を作ってくれた、という女性による喜びツイートがたくさん出てくる(ちなみに、たまたま検索結果に出なかっただけかもしれないが、男性による喜びツイートはほとんどなかった。わざわざツイートするようなことではないのか、あるいは、「帰ったらヨメさんのご飯があるってウレシイよネ」と言いにくい空気になっているのか)。

子育ての現場も明らかに変化している。最近は抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこして一人で歩いている男性もめちゃくちゃ増えたと思う。土日も、公園や子ども向け施設に子どもとパパだけで来ている光景が爆増した。

10年前からそういう男性がいないことはなかったが、家族で一緒に来ていても公園のベンチで寝ているパパがマジで多かった。だけど最近は一人でガッツリ子どもと来ているので、寝ている姿はあまり見なくなった。コロナの影響があるにしても、家事育児に対する男性達の意識が明らかに変わっていることは様々なところで目にできる。

続きは↓
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/89879?page=2


【「昭和な夫」と「令和な夫」…同じ40代でも意識に差…】の続きを読む


結局ね!

1 ボラえもん ★ :2021/12/04(土) 15:43:40.22

【速報】2020年国勢調査確定報より、男女の生涯未婚率は何%になったのか?
荒川和久独身研究家/コラムニスト/マーケティングディレクター

外国籍者を含む総数による2020年の生涯未婚率は、男25.7%、女16.4%となった。
大正時代からの長期推移のグラフを見れば一目瞭然だが、国勢調査が始まって以来の過去最高記録である。

(中略)

このままいけば、2040年には男30%、女20%近くまで生涯未婚率はあがると推計されている。

しかし、だからといって、このままずっと無尽蔵に未婚率が上昇するわけではない。結婚する人がいなくなるなんてことはない。

年々未婚率の上昇幅は緩やかになっており、多分2040年あたりが天井になるだろう。
未婚化・非婚化といっても、なんだかんだ男70%、女80%は結婚するのである。

但し、いくら晩婚化とはいえ、のんびり構えている場合ではない。今後40歳を過ぎてから結婚しようと思っても、男女ともになかなか難しい。
40代のおじさんが20代の若い女性と結婚しようなんて到底無理である。それは変えられない。

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20211201-00270589

※前スレ
【社会】専門家「未婚率上昇は間もなく頭打ち。なんだかんだで男70%、女80%は結婚する」 独身者は永遠にマイノリティ ★2 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638595575/


【【朗報】年々未婚率の上昇幅は緩やかに「なんだかんだで男70%、女80%は結婚する」と結論】の続きを読む


結局ね!

1 ボラえもん ★ :2021/12/04(土) 15:43:40.22

【速報】2020年国勢調査確定報より、男女の生涯未婚率は何%になったのか?
荒川和久独身研究家/コラムニスト/マーケティングディレクター

外国籍者を含む総数による2020年の生涯未婚率は、男25.7%、女16.4%となった。
大正時代からの長期推移のグラフを見れば一目瞭然だが、国勢調査が始まって以来の過去最高記録である。

(中略)

このままいけば、2040年には男30%、女20%近くまで生涯未婚率はあがると推計されている。

しかし、だからといって、このままずっと無尽蔵に未婚率が上昇するわけではない。結婚する人がいなくなるなんてことはない。

年々未婚率の上昇幅は緩やかになっており、多分2040年あたりが天井になるだろう。
未婚化・非婚化といっても、なんだかんだ男70%、女80%は結婚するのである。

但し、いくら晩婚化とはいえ、のんびり構えている場合ではない。今後40歳を過ぎてから結婚しようと思っても、男女ともになかなか難しい。
40代のおじさんが20代の若い女性と結婚しようなんて到底無理である。それは変えられない。

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20211201-00270589

※前スレ
【社会】専門家「未婚率上昇は間もなく頭打ち。なんだかんだで男70%、女80%は結婚する」 独身者は永遠にマイノリティ ★2 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638595575/


【【朗報】なんだかんだで男70%、女80%は結婚する】の続きを読む


親の影響でしかないでしょ!

1 ぐれ ★ :2021/12/05(日) 10:17:26.47

※2021.12.04

「帰ったらごはんがある幸せ」を喜ぶ女性たちの声

Twitterで「帰ったらごはんがある」と検索してみると、「彼氏がご飯をつくって待っててくれた! 帰ったらごはんがある幸せ」とか、「今日は夫が夕飯担当。帰ったらごはんがあるってほっこりする」など、男性パートナーが食事を作ってくれた、という女性による喜びツイートがたくさん出てくる(ちなみに、たまたま検索結果に出なかっただけかもしれないが、男性による喜びツイートはほとんどなかった。わざわざツイートするようなことではないのか、あるいは、「帰ったらヨメさんのご飯があるってウレシイよネ」と言いにくい空気になっているのか)。

子育ての現場も明らかに変化している。最近は抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこして一人で歩いている男性もめちゃくちゃ増えたと思う。土日も、公園や子ども向け施設に子どもとパパだけで来ている光景が爆増した。

10年前からそういう男性がいないことはなかったが、家族で一緒に来ていても公園のベンチで寝ているパパがマジで多かった。だけど最近は一人でガッツリ子どもと来ているので、寝ている姿はあまり見なくなった。コロナの影響があるにしても、家事育児に対する男性達の意識が明らかに変わっていることは様々なところで目にできる。

続きは↓
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/89879?page=2


【「昭和な夫」と「令和な夫」…同じ40代なのに差があるのはなんで??】の続きを読む

このページのトップヘ