美容・健康・ダイエット


マジっすか

1 上級国民 ★ :2022/03/24(木) 08:22:15.45

https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220323-2301601/images/001.jpg
朝食欠食により、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、サルコペニアの危険性が増大することを確認した(出典:名古屋大学)

朝食欠食が、体重増加だけでなく筋肉量低下につながることも確認 - 名古屋大
https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220323-2301601/

著者:和根﨑友梨子

名古屋大学大学院生命農学研究科の小田裕昭 准教授らの研究グループは3月23日、朝食欠食が、体重を増加させ、メタボリックシンドロームへつながる可能性を増大させるだけでなく、筋肉を萎縮させてロコモティブシンドロームやサルコペニアの危険性をも増大させることを確認したと発表した。

同研究成果は、イギリスの科学雑誌「British Journal of Nutrition」オンライン版に2022年3月11日付で掲載された。

多くの観察研究が、朝食習慣は健康に良いことを示しており、体重を抑える作用があると考えられてきたが、その分子メカニズムは十分に解明されていなかった。

2018年、同研究グループは、高脂肪食を食べさせた実験動物(ラット)を使い、朝食欠食が、体内時計の異常につながり、結果として体重増加をもたらすことを遺伝子レベルで明らかにしていた。

今回の研究では、マウスに普通食を与え、朝食を接種したマウスと、活動期の最初の4時間を食べさせないようにして朝食欠食にしたマウスを比較。その結果、朝食欠食が体内時計の異常をもたらし体重増加および筋肉萎縮をもたらすことを明らかにしたという。

体重の増加は、朝食欠食によって体温や肝臓、脂肪組織の時計に異常が生じ、脂肪組織量が増加したためだという。筋肉量の低下も、筋肉の時計の異常によるものと考えられるとしている。

これらの結果から、朝食習慣は、体内時計を正常化させるため、太りにくい体質を作る可能性があることが分かった。また、朝食習慣が筋肉を維持し、ロコモティブシンドロームやサルコペニアの予防につながる可能性があることも確認できたとした。

【画像】体重増加を示したグラフ(出典:名古屋大学)

(出典 news.mynavi.jp)


【【悲報】朝食を抜くと体重増加だけでなく筋肉量低下につながってしまう】の続きを読む



(出典 www.olive-hitomawashi.com)



【【画像】カマボコくん、高タンパク低脂質の最強食材だった!!】の続きを読む


変な名前付けてるけどフツーやん

【【トレンド】 女子の前髪スカスカヘアー、男にも流行しだす もはや前髪スカスカヘアーは最先端に】の続きを読む



(出典 dol.ismcdn.jp)


聞いたことあるけど、実際そうなんや

1 風吹けば名無し :2022/02/03(木) 01:50:37.14 ID:Ndi/UaKj0.net

市場規模は1兆円超えだが「健康上のメリット」があるエビデンスはなし…それでもサプリメントを摂取したほうが良い“4つのパターン”とは

https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-1451757/


【【悲報】ワイ、大多数のサプリに効果ないと知らされ、泣く】の続きを読む



(出典 housefoods-group.com)


こわ

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/25(火) 06:57:19.75

「かけ」や「もり」は危険、いかにも健康に良さそうな野菜ジュースも実は……「糖質中毒」の知られざる恐ろしさ
『糖質中毒』より#1

https://bunshun.jp/articles/-/51380

牧田 善二 2022/01/20
source : 文春新書

 人はどうして太ってしまうのか。そして、なぜ痩せられないのか。それは私たちのせいではありません。知らず知らずのうちに、脳内が糖質に侵されて「糖質中毒」になってしまったからです。では、何を食べてよくて、絶対に食べたり飲んだりしてはいけないものは何なのか、さらにはどのような食べ方をすると効果があるのでしょうか。

 そのヒントは、糖尿病専門医である牧田善二先生による『糖質中毒 痩せられない本当の理由』(文藝春秋)に書かれています。ここでは、同書より一部抜粋して、「糖質中毒」の知られざる怖さについて紹介します。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆




野菜ジュースや果物ジュースも体の中で悪さをします

「朝食代わりに野菜ジュースを飲んでいるのですが、通勤電車の中で気持ち悪くなってしまうことがよくあります」

「ランチを摂った後は眠くて仕事になりません。食べ過ぎないように蕎麦で軽く済ませているのにダメなんです」

「すぐにお腹が減ってしまいます。大盛りご飯を注文してしっかり食べておくのに、2時間もするとまた食べたくなって困ってしまいます」

 こんな話をよく聞きます。まさに、糖質中毒の典型的な症状です。

 ご飯はもちろん、いかにも健康に良さそうな野菜ジュースや果物ジュースや蕎麦にもたっぷり含まれる糖質が、彼らの体の中で悪さをしています。そして、さらに糖質を摂らずにはいられない状態になっているのです。

 糖質中毒を読み解くキーワードは「血糖値」です。あなたも、健康診断で測定されていることでしょう。

 ここに紹介したような症状に襲われているとき、彼らの血糖値はジェットコースターのように急激な「上昇・下降」を起こしています。

 たとえば、「これだけで1日分のビタミンが摂れる」などとうたう野菜ジュースには、果汁や砂糖がたっぷり入っています。起き抜けの空腹時には血糖値は下がっており、そこで、糖分たっぷりのジュースを飲むと、血糖値が一気に上がります。

 血糖値が下がっていたときはぼーっとしていたのが、上昇すると一時的に元気になります。そこで、「やはり朝はこのジュースがいい」と思うわけです。

 ただし、血糖値が上がりすぎれば昏倒して*でしまうため、膵臓からインスリンというホルモンが出て、高くなった血糖値を下げるように私たちの体はできています。このとき、血糖値の上がり方が急激であれば、インスリンも大急ぎで大量に分泌されます。すると、今度は血糖値が下がりすぎてしまうのです。


次のページ「かけ」や「もり」は危険、知識不足が糖質中毒を悪化させます
https://bunshun.jp/articles/-/51380?page=2


【【中毒】野菜ジュースや炭水化物だけの摂取は実は危険……「糖質中毒」の知られざる恐ろしさ】の続きを読む

このページのトップヘ